読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エロサイトの作り方

2013年11月から勉強しながらエロサイトを作っています。

Rubyによるクローラー開発技法を読んだ

Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の実装と21の運用例

Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の実装と21の運用例

表紙が中上級者向けっぽいですけど、内容としてはそんなに高度ではないので、 クローラーとか作ってみたいなぁと考えている(まだ作った事が無い)人向けの本としては一番のお勧めだと思う。 Rubyを使ったことが無い人は、Ruby入門書とセットで読めば最後まで読めると思う。

僕の場合は細切れなれど1年近くクローラーを作って運用してきているので新しく知ったことはそんなに無かったけど、 作っている上で「こんなのでいいのかな?」とかのもやっとしてた部分が上手く説明されてたりしてて、 説明うまいわーと感心したところが幾つかあってよかった。 技術は人に説明できると中級者になれると思っているので、この本を読んで中級者になれた気がする。

そんな中級者になれた気がする本書ですが、ステップアップとして中級者が上級者を目指す際の情報源が巻末に無いのが残念。 10ページ位を割いて本(洋書でもいい)やサイトを紹介してくれれば参考になるし、参考文献や関連文献の一覧だけでも役に立つのに、 そういった情報が一切ないので本としてはここで終着駅になっちゃっているんですよね。もったいない!

そんなわけで、★5にしたかったけど★4で。