読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エロサイトの作り方

2013年11月から勉強しながらエロサイトを作っています。

CoffeeScriptはじめました

飽きた件

この記事はNode.js止めようという方向で書いたものだったけど、 よくよく考えてみるとNode.jsが辛いのとJavaScriptが辛いのが混ざっている気がした。

というわけで、CoffeeScriptを試してみて「やっぱ辛いわー」と思ったら言語を変えることにしました。

JavaScriptCoffeeScriptの併用

js2coffeeというものがあって、 JavaScriptCoffeeScriptに変換することもできるのだけど、 今回は既存コードはJavaScriptのままで新しく書くものだけCoffeeScriptにするようにしました。

CoffeeScriptJavaScriptへの変換処理が必要なので、 coffeeディレクトリをソース用に作り、destディレクトリに変換後のものを出力するようにした。

JavaScriptの置き場所も少し変えて、scriptからdest配下にコピーして使う想定。

.
├── gulpfile.js
├── dest
│   ├── src
│   └── test
├── coffee
│   ├── src
│   └── test
└── script
     ├── src
     └── test

プログラムを実行する場合は、destディレクトリ以下を指定する。

Gulpで自動的に変換させる

WordPressのテーマ作成で使っているGulpをここでも使う。

gulpfileは拡張子.coffeeにするとCoffeeScriptで書けた!

CoffeeScriptを始めるための設定が、はじめて書いたCoffeeScriptってのがなんか感慨深い。

gulp     = require 'gulp'
coffee   = require 'gulp-coffee'
plumber  = require 'gulp-plumber'
chalk    = require 'chalk'
notifier = require 'node-notifier'
inspect  = (require 'util').inspect
path     = require 'path'

csSrc = './coffee/src/**/*.coffee'
jsSrc = './script/src/**/*.js'
dest  = './dest'


errorHandler = (err) ->
  title    = '[ERROR:' + err.plugin + '] ' + err.name
  filename = path.relative(process.env.PWD, err.filename)

  console.log chalk.white.bgRed.bold title
  console.log err.toString()

  notifier.notify
    title:   err.message,
    message: filename + '\n' + inspect(err.location),
    sound:   'Ping'


gulp.task 'compile', ->
  gulp.src csSrc
    .pipe plumber(errorHandler: errorHandler)
    .pipe coffee( bare:true )
    .pipe gulp.dest(dest)
  return


gulp.task 'copy', ->
  gulp.src jsSrc
    .pipe gulp.dest(dest)


gulp.task 'watch', ['copy', 'compile'], ->
  gulp.watch csSrc, ['compile']
  gulp.watch jsSrc, ['copy']


gulp.task 'default', ['copy', 'compile']

$ gulp watchで更新を監視させますが、変換エラーになったらデスクトップに通知させるようにしています。 なかなか便利。